夫婦で値引きしよう!

訪問見積もりは夫婦揃って値下げ交渉

わたしは単身の時に、一人で引越し業者さんとの値下げ交渉をしてしまった反省を元に、家族の時は夫婦で協力するようにしました。

 

何でひとりだと良くないかというと、値下げ交渉で一番大事なことというのは「粘り」だからです。

 

夫婦で交渉する

 

業者さんは毎日、価格交渉をこなしている熟練者ですから、1個や2個の提案をしたところで、それだけでは最安料金なんて引き出せるわけはありません。

 

わたしの場合、1回「安くしてください!」とお願いして、少し割引きをしてもらったら、それ以上は言いづらくなってしまうタイプですが、多くの方がそんな感じではないでしょうか。

 

でも、最安値を引き出すためには、もっともっと業者さんに対して粘らないといけないんですよね。

 

業者さんも「もう限界です!」と言いながら、なるべく多く利益を出すのが仕事ですからね。

 

そこで誰かと一緒に交渉をすれば、順番に提案を言っていけばいいので、自分が途中で疲れてしまったとしても相方に頑張ってもらえばいいわけです。

 

というわけで、夫婦だけでなく親や友人など、色々な人を同席して価格交渉にのぞんでみてください!

 

具体的な流れ

ここで実際にわたし達がどのような感じに協力して引越し費用を安くしてもらったのか、簡単に流れを書いてみたいと思います。

 

まず、最初にわたしが、

  • 引越し日はいつが安い?
  • 午後便にしたら安くなる?
  • 他社さんはいくらだったから、それより安くして!

という感じで、思いつく限りのアイデアをぶつけて、まず1回目の値下げをしてもらいました。

 

すると、業者さんは「これ以上は無理です!」みたいな空気を出して、それで終わらそうとしてきます。

 

わたしも少し疲れてきますので、1人だったら、ここで終わりになって、契約するなり保留するなりということになると思います。

 

ですが、2人以上で交渉にのぞめば、そこから相方が頑張ってくれます。

  • あと5000円安くしたいんだけど、どうすればいい?
  • 上司に電話で相談してみて!

というような感じで、夫も頑張ってくれました。

 

わたしが思いつかない「やり方」「アイデア」を言ってくれるというのが、誰かと一緒に交渉するメリットだと思います。

 

粘り勝ち?

結局は、それから上司にも電話してもらって、2回目の値下げに成功しました。

 

さらに、その後も頑張って、中途半端な端数の金額を安くしてもらおうとしましたが、本当に業者さんも難しそうだったので、「本当にここが限界かな〜?」と思って契約をしました!

 

まだまだ安くできたかどうかは業者さんのみ知るところですが、わたしたち夫婦としては随分と粘って最善を尽くせたので、納得して引っ越し代を支払うことができました。

 

とにかく、味方を増やせば「粘り」も倍増していきますので、粘って粘って、業者さんが赤字にならない程度の格安料金をひき出してくださいね!

 

さらに安くするにはどうしたらいいの?

業者さんに価格を安くしてもらうやり方は「単身引越しの料金値下げ方法」にも書きましたが、さらに追記してまとめてみたいと思います。

 

まず、復習としては、

  1. 引越日を平日にする
  2. 午後を選ぶ
  3. 交渉は1人でやらない(夫婦でやる)

ということでしたね。

 

それ以外にも、何個も何個も業者の営業さんにアイデアをぶつけてみることで、営業さんも根負けして安くしてくれることがあります。

 

とにかく値下げ交渉は「粘りが大事」ですので、たくさんのノウハウをストックしておきましょう!

 

値下げのコツ

 

期間限定の割引き情報

引越し業者さんのホームページには「期間限定の割引き」や「インターネット特典」などの情報が掲載されていることがあります。

 

私が見た時には、

  • アリさん:10%OFFのクーポン券
  • サカイさん:お米プレゼント
  • アートさん:引越e割(ネット割引き)

というような特典が掲載されていました。
これは活用しておかないともったいないですよね。

 

早割り

引越し日の1ヶ月以上前に、業者さんにお見積もりをしてもらうと、何と早期割引として10%OFFくらいしてくれます。

 

おそらくアリ、サカイ、アートさんなどの大手の専門業者さんなら、この割引きはやっていると思います。

 

準備は何から始めれればいいの?」でも紹介しましたが、とにかくまずは「一括お見積り」をすると良いことがたくさんあります。

 

比較する

わたしが思うに、少なくとも2件以上の業者さんに訪問見積りをしてもらって比較することが、大きく料金を引き下げる最大のコツです。

 

まず、比較をすることで、引越しをする時期の相場というものがわかりますので、ボッタクられることがなくなります。

 

そして、訪問見積り2社目以降の業者さんは、前に来た会社の見積もり価格よりも、必ず安い料金を提示してきてくれるという法則があります。

 

さらに余裕のある方は「中小の業者さん」にまで手を広げると完璧ですね。

 

わたしの場合、疲れてしまって、そこまでできませんでしたが、大手2件・中小2件くらいの比較でしたら頑張ればできたと思います!

 

ゴミ回収

最近は、家電を廃棄するのにも粗大ゴミを処分するのにもお金がかかってしまいます。

 

ですが、上手くいけば業者さんが家電リサイクル料金をサービスで捨ててくれることもあります。

 

引越し費用を安くするためにも、まずは「一括見積もり」をして訪問見積もりを受けてみましょう!

単身に強い業者