家族引越し用のトラックの大きさ

夫婦の荷物を運ぶのに必要なトラックサイズ

単身引越しの時のトラックのサイズは2トンショートでしたが、夫婦の場合は、もう少し大きいタイプが必要になります。

 

引越し業者さんのトラックのサイズには、

  • 2tショート
  • 3(2tロング)
  • 4t

という種類がありますが、家族の場合は夫婦2人でも「4トン」が目安になると思います。

 

というのも、結婚をすると、一気に家具や家電が多くなるから、単身の場合よりも随分と荷物が増えてしまうものなんですよね。

 

冷蔵庫も洗濯機も大きくなっていますし、食器棚やテーブルなども必要になってくるので、どうしても4トンになってしまう場合が多いと思います。

 

トラックの組み合わせ

引越し業者さんに聞いたのですが、4トンサイズのトラックというのは、結構、大きいので、新居の前の道路の幅が広い場合でないと使えない車なんだそうです。

 

4トントラックは相当に大きい

 

なので、家の前の道路の幅が狭い場合は、

  • 「2t+2t」

の組み合わせになる場合もあります。

 

ちなみにわたし達の引越しの時も「2トンショート+3トン(2トンロング)」という2台の組み合わせでした。

 

それだと5トン分になってしまうのですが、費用は4トン分で計算してくれたみたいなので影響はありませんでした。

 

また、人数の多い大家族の場合は4トン+2トンの組み合わせになる場合が多いようです。

 

料金の計算方法

アリさんマークの引越社やサカイ引越センター、アート引越センターなどの大手の専門業者さんの場合、トラックのサイズごとに料金設定が決まっています。

 

「1トンにつき10500円」
が相場になっているので、4トンでしたら42000円になると覚えておくと料金を計算する時に便利です!

 

単身と家族用のトラック料金を比較してみると、

  • 単身:2t⇒21000円
  • 家族:4t⇒42000円
  • 大家族:6t⇒63000円

となりますので、トラックサイズの目安、そして費用の目安としてご活用ください。

 

この情報を知っていると、だいたいの引越し料金の予想することができますし、ダメな業者の営業さんが適当なことを言った時に鋭く突っ込めるというメリットもあります!

単身に強い業者