引越しするお金が足りない時

引越し資金の融資を受けられる?

どうしても引越しをしなければいけない。
でも、引越しの為のお金がなくて困っている。

 

引越しの為のお金がない

 

という方は、引越し資金の融資を受けるという方法があります。

 

融資と言っても、事業融資のような大それたものではなく、

  • 最短即日
  • 無利息

などの条件やサービスで利用できる引越しローンのことです。

 

引越しの為にお金を借りる人は増えています

日本人の多くが引越しをする繁忙期シーズンは2月〜4月ですが、この時に、同時に増えているのが、

  • 教育資金
  • 引越し資金

の借り入れです。

 

教育用のローンが増えるのは4月からお子様の学校が新しく始まるからです。
入学金や授業料の支払いの為に、一時的に借り入れをする方が増える傾向にあります。

 

引越し用のローンが増えるのは、やはり急に引越しをしなければいけなくなる方が増えるからですね。

 

貯金が足りている方は良いのですが、何かと出費が増えてしまう時期でもあるので、お金が足りなくなった方は引越し資金の融資を検討してみましょう。

 

お金を借りる前にやるべきことはやろう!

引越し資金を借りることは意外と簡単です。
アルバイトやパートのお仕事でも毎月の固定収入が入ってくるので、審査はそれほど難しくありません。

 

個人信用情報機関にブラックリスト(異動)として登録されている方でなければ、よほどのことがない限りは収入に見合った額は借りることができてしまいます。

 

ですが、その前に借りる額を小さくするような努力はしておきましょう!

 

引越し料金に関しては、すごく簡単なことをするだけで数万円も費用を安くすることができるからです!

 

(1)一括見積りサイト

当サイトでも紹介している「引越し一括見積もりサイト」は、最も簡単に費用を安くできる方法ですので使わない手はありません。

 

リスクに関しては、ほぼノーリスク。
しいて言うならば、お申込みした直後の電話対応が少し面倒なくらいです。

 

電話はその後ポツポツとかかってきますが、2〜3日で終わりますので、個人情報的にも心配する必要はありません。

 

(2)値下げ交渉で粘る

引越し費用の相場というのは、あってないようなものです。

 

同時期でもAさんには20万円、Bさんには10万円。
このような価格の差が平気で起こる業界です。

 

ですから、本当にお金に余裕がないのでしたら、遠慮せずに値下げをお願いするべきです。
値下げしてくれないなら「他の業者にお願いする」と本気で思いながら交渉するべきです。
そうすれば、限界を超えた格安料金を引き出せると思います。

 

ただし、一番効率的なのは口で粘るのではなくて、やはり他の業者と値下げ競争をしてもらうことです。

 

これが上手くいくと、「今までの必死の交渉は何だったの?」というくらい大幅に料金が下がるというようなことが多々あります。

 

(3)捨てられるものは捨てる

引越し料金は「トラックの台数とサイズ」「作業員さんの人数」によって、大きく変動してきます。

 

ですから、荷物の量が少なければ少ないほど、見積もりの段階で安い料金を引き出すことができます。

 

新居に運ぶのは必要最低限の物だけにして、後はオークションやリサイクル店に売ってしまって、引越し資金の足しにしましょう!

単身に強い業者