ヤマトと日本通運の口コミ

ヤマトと日通の単身引越パックを利用した口コミ

引越し業者が用意している単身引越しプランよりも、もっと安くてお得なのが「単身引越パック」です。

 

これは引越し専門業者と言うよりも、宅配などを行っている流通業者が提供しているサービスとなります。

 

運べる荷物の量が限られているなどのデメリットもありますが、何と言っても料金が安いので、荷物が少ない単身者の方は検討してみてください!

 

ヤマトの単身引越サービス

おひとりさま女子として高知−京都へと引越した時の体験談を書きたいと思います。

 

何せお一人様とは言え、女子なのでそれなりの荷物があったのですが、引越代が自己負担だった為、出来るだけ引越代を節約したいと考えました。

 

なので、パッキングなど自分で出来る所は自分でしてしまって、あとは業者に輸送だけをしてもらうことにしました。
そこで選んだのがヤマトの単身引越サービスです。

 

ヤマトの単身パック

 

オプションで荷造りサービスを利用

ヤマトには単身専用のサービスとして、オプションで「荷造りサービス」というものがあります。
私はそれを利用しました。

 

荷造りは、見ず知らずの男性陣に見られるのには抵抗があったのですが、女性陣が担当してくれたのが良かったですね。

 

プロの荷詰めしてもらえたので、引越先でいざダンボールをあけていく時も、順序良く進めることができました。

 

スタッフの対応

引越の対応に来てくれたスタッフは、どのスタッフもテキパキと無駄口ひとつを叩くがありませんでした。
当日の家電の搬入なども全てにおいてプロフェッショナルでした。

 

結果的に、
「おひとりさま女子の荷物の梱包」から「費用の節約」など色んな観点から見て、ヤマトの単身引越サービスを利用して大正解でした。

 

最初は、自分でダンボールを購入して、全部荷造りして、宅急便を利用することも考えましたが、冷蔵庫や洗濯機などの家電を運ぶのは無理と思って、ヤマトさんに切り替えて良かったです!

 

日通

ある年の4月2日に埼玉から愛知への引っ越しをしました。
引越しシーズンの終わりかけの時期でした。

 

まず物件決めは12月の段階でスーモを使用し、気になった物件を何点かピックアップしてから、現地の不動産屋(ハウスコム)にメールで連絡を取り合いました。

 

最終的には1月後半に現地を訪れ物件見学をしました。

 

何故なら2月3月に入ってしまうと新年度の引っ越しに向けてとてつもなく不動産屋に人が押し寄せるという口コミを見たからです。

 

無事に引っ越し先も決まり、事前に「引越一括見積もりサイト」にて見積もり比較をしようとしたところ、非常に多くの引っ越し業者から電話が殺到して驚きました。

 

洗濯機を除いた家電・家具一式は実家から持ち出さずに現地調達の予定でした。
なので、私の荷物は比較的少な目だったと思います。

 

それを踏まえて考えた結果、最終的に日通の単身パックLを利用することにしました。

 

日通のメリットは?
  • 事前に申告した荷物数より多くの荷物を積んで頂けること(もちろん限度あり)
  • CMの通りコスパがとても良いこと

だったと思います。

 

「洗濯機の設置はご自分で!」との連絡を受けていたのですが、現地で荷物入れをしてたところ、スタッフさんが快く洗濯機設置をしてくれたのは非常にありがたいサービスでした。

 

女性にとってこれはとても有難い心配りですよね。

 

ただ少し面倒だと思ったのは、事前に自分で荷物をダンボール等に詰める必要があることです。
それから私が使用したプランではダンボール回収が無かったことです。

 

しかし、日通のコスパやスタッフさんの対応でとても安心した私は、その後の引っ越しも日通さん一筋でお願いしています。
もしまた引っ越しがあればまた日通を利用したいと思っております。

 

単身パックが大遅刻!

私は3年前に大学進学のために「とある業者の単身パック」を利用して引っ越しをしました。
小さい頃から転勤族だったのもあり、引っ越しに関する諸々のことは一人で色々出来るだろうとふんでいました。

 

いざ当日、引越先である長崎へ時間通り到着し、午後2時ごろに来る実家から送った単身パックを新居で待っていました。
しかし、1時間過ぎても2時間過ぎても荷物が届きませんでした。

 

2時間を過ぎた頃に大学生協で購入しておいた家電の方が先に到着しました。
なので先に家電を設置しましたが、それでもまだ本体が到着しません。

 

結局、その4時間後に、ようやく単身パックが届いたのです。
あまりにも遅すぎる到着に私は泣きながら段ボールの開封作業をしました。

 

そんな泣きながらの荷解き。
これくらいの量なら今日中に終わるだろうと思いながら作業を始めましたが、一人分とはいえ、やはり当日中にはさばききれませんでした。

 

  • 布団
  • 調理器具
  • 衣類

などの必要最低限の荷解きだけして、次の日に続きをすることにしました。

 

時間指定は午前

この時、学んだのは、引っ越し業者にちゃんと事前連絡をして確認を取るべきだったということです。
もし荷物が時間通りに来なかった場合は、ちゃんと業者さんに連絡を入れて催促しましょう。

 

そして、引っ越しの単身パックの時間指定をする場合は、できるだけ午前中にしておいた方が良いということです。

 

それならば、多少送れても、その日のうちに荷解きを終えられる可能性が高まります。

 

あとは、私は両親とも忙しく、引っ越し先にて荷解きの手伝いがいなかったのですが、もし可能であるなら荷解きのお手伝いが出来る人を頼んでおくべきだと思います。

単身に強い業者