我が家の相見積もりの様子

3社の相見積もりの末に業者決定

新居の着工が始まった後、引越し予定日の1ヶ月半前あたりから業者さんを探し始めました。

 

ネットで一括見積もりをしようかと思いましたが、複数業者とやりとりするのも面倒だったので、地域サイトの口コミを見ながら、よさそうな引越し業者3社に見積もりを依頼しました。

 

依頼したのは、

  1. アリさんマークの引越社
  2. アート引越センター
  3. クロネコヤマト

です。

 

(1)アリさんマークの引越社

最初に来たのはアリさんマークの引越社です。
あいさつをはじめ、終始気持ちのいい対応でした。

 

アリさんマークの見積もり

 

荷物も、押し入れに入ってるものや、キッチン収納すべてを見て見積もりを出してくれました。

 

こちらの質問にも丁寧に答えてくれました。

  • 平日に引越すのであれば安くできる点
  • 公式ホームページにあるクーポンを今印刷して持ってきてくれればさらに安くできる

など、こちらの立場に立って話しをすすめてもらえました。

 

アリさんは好印象のまま、ひとまず見積もりを終えました。

 

(2)アート引越センター

次に来たのがアート引越センターですが…

 

先にきたアリさんマークがとても有能だったせいなのか、こちらの営業マンはパッとしないし、話し方も横柄な感じがしました。

 

価格やサービスはさておき「こんな営業マンのいるところに頼みたくない」というのが第一印象で、営業マンが帰るまでその印象は覆ることがありませんでした。

 

(3)クロネコヤマト

最後に来たのがクロネコヤマトです。
女性の営業担当者さんでした。

 

クロネコヤマトの担当者は丁寧でしたが、どうやらクロネコヤマトは、単身者引越しをメインにおいているようで、「家族単位ですと、よそより安くはできないと思います…」と非常に恐縮されていたのが印象的でした。

 

引越し会社決定

結局、頼んだのは、アリさんマークの引越社でした。
クロネコヤマトは丁寧でよかったのですが、やはり値段が高かったのでやめました。

 

アリさんに決めた理由は、営業マンの対応のほかにもう一つあります。
エアコンのパックプランがあることでした。

 

アリさんの営業マンいわく、エアコンの引越しは結構落とし穴らしく、「現地に行ってみないと追加料金がいくらかかるかわからない」そうです。
ホースの延長代金で、見積もり金額を上回ることがあるそうです。

 

そういった心配をなくすために、アリさんでは延長ホース代金も加味したパックプランが用意されています。
それを利用すると、よほどのことが無い限り、見積もり額を超えて払わなくてよくなります。

 

我が家はエアコン2台を引越しで持っていく予定なので、「2台分も追加料金がかかってしまっては困る」そういった思いから、アリさんに頼むことにしました。

 

アリさん引越し前日〜当日の出来事

業者もアリさんマークの引越社に決まり、荷造りもおおよそ終わり、いよいよ明日は引越し…
そんな引越し前日の出来事から紹介していきます!

 

前日にはエアコン業者がやってくる

前日には、アリさんマークの引越社が提携している「エアコン業者」がやってきました。

 

そしてエアコンをはずして、床に置いて、帰って行きました。

 

エアコン業者

 

そうなんです。
エアコンの着脱に関しては、アリさんが直接ではなく、提携業者が外して・付けるという仕組みになっているのです。

 

なぜ前日なのかというと、引越し当日にエアコン業者が来てしまうと、メインの仕事である荷物の搬出の邪魔になってしまうからです。

 

アリさんがしてくれるのは、当日に、

  • 前日に外されたエアコンを「持ちだし」て
  • 新居に「置く」

という作業のみです。

 

設置も提携業者

新居への取り付けや室外機の設置、ホースや化粧カバーの工事は、すべて提携業者の仕事です。

 

夏の引越しはキツイ

さて、私たちが引越ししたのは、夏の7月です。
真夏といって過言ではない季節です。

 

そんな季節に、エアコンをはずされたら…なにが待っていると思いますか?
そう、エアコンなしの、熱帯夜です。

 

正直、このときほど「夏になんて引越しするもんじゃない!」と思った時はありませんでした。

 

しかもはずされたエアコンが、ほこりをかぶった状態で部屋に放置されています。
寝室のエアコンも容赦なく床に置かれています。

 

さすがに室外機は外に置いたままですが、なぜかホースは、室内に置かれていました。
ただでさえ荷造りでバタバタしていてホコリっぽいのに、エアコンのせいでさらにホコリっぽく、その上熱帯夜。

 

一晩だけの我慢とは言え、生きた心地のしない夜でした。

 

引越し当日

ようやく迎えた引越し当日
旧住居には旦那を残して、私は掃除をする為に、一足先に子どもと一緒に新居へ行きました。

 

当初の予定では、「新居は7月頭に完成するはずで、7月末ならもう掃除も済んでいて、きれいな新居に荷物を運びこめば完了」という予定でした。

 

しかし、新居ができて、引き渡しが行われたのは、引越し前々日だったのです。
工期のズレはある程度予想していましたが、

  • 梅雨
  • 工務店と施工会社との連携がイマイチだったり

で、伸びに伸びてこんな時期になってしまいました。

 

しかも引き渡しの時点で、外溝工事が終わっていないという始末。
「とにかく7月中に引越ししなければいけないので、中さえ住める状態だったらいいです!」
ということで、引き渡してもらいました。

 

のんきに新居を堪能し、掃除し、アリさんマークのトラックが着くのを今か今かと待っているのでした。

 

アリさんトラック到着

旦那から「いま、トラック出た」と連絡がきて、ワクワクしながら待っていると、30分ほどでアリさんマークのトラックがやってきました。

 

アリさんマークの引越社は、営業マンもとても気持ちのいい対応でしたが、作業員の方もとても気持ちがよくテキパキと動いてくれます。

  • まず家に養生テープや、階段に保護シートを張ります
  • もちろんあいさつも忘れません

保護作業が終われば、荷物運び開始です。

 

テキパキ作業

アリさんスタッフの方々が、ダンボールを次から次へと運び入れてくれます。

 

ダンボールの外側には、

  • 1階リビング
  • 2階寝室

と指示が書いてあるので、その通りに運び入れてくれました。
運び入れる際も「ここに置きますね」と確認してくれます。

 

もちろん重いものを下に、軽いものを上に積んでくれるので、崩れたり箱がつぶれるようなことは一切ありませんでした。

 

大きな家具を搬入するノウハウが凄い!

食器棚がとても大きく、外階段がL字型になっているため、玄関から運び入れることが不可能でした。

 

ですがリビングの窓をとりはずして2人がかりで引っ張り上げて、なんなく設置してくれたのには驚きました。

 

洗濯機や冷蔵庫も、階段の幅ギリギリだったにもかかわらず、壁に傷をつけることなく丁寧に持ってあがってくれました。

 

2階の物なのに3階まで持って上がってしまったものも、こちらがお願いするとすぐに下までおろしてくれて、助かりました。

 

本当に見ていて気持ちのいい作業でした。

 

作業そのものは2時間ほどで終わりました。
旧住居からの荷物ひきあげも、ものすごく早くてテキパキしていたと旦那が誉めていました。

 

何でもお願いできる時間

アリさんは、作業終了後、好きなことをお願いできる時間があります。
うちはサブの照明を設置してもらいました。

 

まだ時間に余裕があるので、なんでも言ってくださいと言われたので、洗濯機のホースの設置もお願いしてしまいました。

 

終始笑顔で対応してくれて、頼みやすかったですし、こちらも気持ち良く対応できました。

 

帰り際にコーヒーを差し入れると、笑顔で受け取ってもらえて、みなさん声をそろえてお礼を言ってくれたのも印象的でした。

 

社員教育が徹底された引越し業者だなぁと思いました。
マイホームを買ってしまったので、次の引越しはそうそう無いとは思いますが、また利用したい業者さんです。

単身に強い業者