賃貸マンションから引越す理由は子ども

賃貸派の夫婦が、育児に困って持ち家派に

「ずっと賃貸で良いよね。」
持ち家派VS賃貸派の論争がネットや雑誌で繰り広げる中、私たち夫婦の考えは賃貸主義でしたので、一生家を買わずに終わるつもりでした。

 

ですので、次の引越し先も、もちろん賃貸。
自分たちの住める範囲の中で、好きな土地に移っていくつもりでした。

 

子供が大変過ぎて、親の手助けが必要

陣痛3日間、苦しみに苦しみぬいた末に産まれてきたわが子は元気な男の子。

 

新生児のころから火のついたように泣く子どもで、泣き過ぎて声が枯れることもあるほどでした。

 

手のかかる赤ちゃんで育児疲れ

 

新生児期

ずっと抱っこ要求してくる子で、夜もまともに寝てくれません。
よく寝ても2時間ほどです。

 

昼寝も床の上にはおらず、常にに抱っこ。
良くて膝の上で眠ります。

 

首がすわり、寝がえりをするようになると、寝がえりの姿勢から元に戻れず泣きわめく日々。
腰が座るようになると、ひとりで遊ぶのかと思いきや、私がそばにいないと泣きだします。

  • ひどい後追い
  • ベビーカー乗車拒否
  • 外に出る時も常に抱っこ
  • 離乳食拒否

なに一つとして「手のかからない項目がない」子どもでした。

 

育児に疲れた母親の私

そのような状況で育児に疲れ切ってしまったのが私です。
主人の帰宅は毎日遅く、何の手助けも期待できません。

 

ベビーシッターを雇うお金もない、一時保育に預けても泣きわめいて大変で、「早く帰ってきてもらえませんか」と言われてしまう始末。

 

実の親は電車で3駅先に住んでいますが、毎日通える距離でもありません。

 

溜まりに溜まりかねた私が、主人に訴えたのが「実家の近くに引越しさせてくれ」でした。
唯一、子どもを数時間みていられるのは、実の親だけだったからです。

 

賃貸への引越しのはずが、持ち家話へ

こうして引越しを決めた私たち家族ですが、まず探したのは「引越し先」です。

 

しかし、実家近くの不動産屋に相談したところ、
「賃貸より、持ち家のほうが、将来的に資産にもなる。マンションは経年劣化する一方だけど、土地を買って家を建てれば、土地の価値はそうそう下がらない」
と説得されました。

 

たしかに、実家のある土地は、全国的に見ても人口密度のものすごく高い土地で、これからも人が増えて行くであろう土地です。

 

土地の値段もあがることはあれ、下がることはないと言われている土地です。
不動産を持っていれば、将来的に資産として、子どもに受け継ぐこともできる…

 

不動産屋の言うことも、もっともだと思いました。
こうして、引越し先が「賃貸マンション」から「土地を購入して建てた新築戸建て」に変わっていったのです。

 

土地が見つからず家を建てられない

子育てに行き詰まり「このままでは母子ともに病んでしまう…」そうだ、実親の手をかりよう!

 

そう決めて実家近くに引越すことにした私たち家族。

 

そして、「どうせ引っ越すなら土地を買って家を建てよう!」と決めたあたりまでは良かったのですが、そこから全く進まないのです!

 

問題は「土地がない」ことでした。

 

土地が空いてない

全国でも5位以内に入る、人口密度の高い土地に実家はあります。
近辺に引越したいのですが、当然、土地なんて余っていません

 

父親と仲の良い不動産屋に「良い土地がでたらすぐに教えてくれ」と頼んでおいても、2カ月経っても半年経っても音沙汰なしでした。

 

土地が見つからない

 

建築会社探しも・・・

土地探しと並行して、建築会社も探しました。
スーモカウンターという、工務店と個人を引き合わせてくれる紹介システムがあります。

 

これを利用して、数社と会い、その中の一社と話しを進めていました。
土地探しもしてくれる工務店だったので、何度か土地も紹介してもらいました。

 

ですが、立地はどれもいいのですが、どの土地も高い…
坪単価90万をくだらない土地ですので、どれもこれも土地だけで2000万以上、安くて1500万します。

 

そんなにお金があるならベビーシッターでも雇いますし、ここまで苦労してませんよ…
ということで、見つけて頂いた土地、すべてお断りさせて頂きました。

 

どれだけ実家に近くても、どれだけ便利な立地だったとしても、やはり出せるお金には限界があるのです。

 

ついに土地が見つかる

もしかして、このまま土地が見つからないのでは?
こんなことなら、賃貸を探した方が早かった?
そう思って落胆していた、8カ月目のことです。

 

ついに見つかりました!

 

不動産屋が「ものすごく狭いですけど、家は建てられます」と紹介してくれた土地が、実家から徒歩2分!
公園も近く、スーパーも近い、狭い以外は最高にいい土地でした。

 

さっそく工務店に「すごく狭いですけど、建てられますか?」と連絡をしてみました。

 

工務店も最速で図面を作って「3階建にするなら十分暮らせる家が建てられます」というお返事をくださいました。
図面を見ると、狭いとは思えないほど、使い勝手の良い家に思えました。

 

こうして、土地契約の決意をしたのでした。
土地を紹介されてから、決めるまで1週間もないほど、即決に近い形で土地の契約でした。

 

着工開始と退去届

ようやくと土地も見つかり、工務店が作成してくれた最終的な図面にOKも出し、マイホームの話が進み始めました。

 

急にバタバタしましたが、

  • 内装など細かいところも決めて
  • 工務店との契約書にサイン完了

すると、いよいよお金のやりとりです。

 

住宅ローンの審査は?

「ローン審査がとおりにくい」
という話しをよく聞きますが、ローンは工務店提携の銀行ですんなり通り、あまり苦労しませんでした。

 

銀行でのやり取りも、不動産屋が手際よくすすめてくれたので、問題なく終わりました。
普段、銀行窓口しか利用しませんので、商談ルームで話しをするのは新鮮で楽しい経験でもありました。

 

銀行での打ち合わせ

 

地鎮祭

お金の支払いが終わり、いよいよ土地が主人名義になりました。
土地の契約完了した日に「地鎮祭」を行い、工事着工してもらいました。

 

この時にちょうど、土地の前所有者が、ご近所へ挨拶にまわられている横で地鎮祭を行ったので、ちょっと気まずい雰囲気ではありました…

 

土地の調査をしたところ、あまり丈夫な土地ではなかったようで、土地の補強に予想以上の時間がかかると言われました。

 

簡単な時系列

ちなみに土地の話しが出たのが12月末です。
土地購入を決定し、ローン会社を決めたり、工務店と打ち合わせをしたのが1〜3月。

 

最終的には、
決済と着工が3月末、完成予定は7月頭です。

 

忘れずに退去届

引越しが8月になると、8月分の賃貸家賃を払わなければなりません。

 

7月中には必ず完成することを何度も確かめた上で、賃貸オーナーには退去届を「7月末退去」で提出しました。

 

ここの見定めは家賃1ヶ月分がかかっているので、非常に大事です。

 

以前、主人が一人暮らしをしていましたが、住んでいたところに「退去届」を出すタイミングが遅れてしまい、1カ月余計な家賃をとられたそうです。

 

私たちが住んでいたマンションは家賃9万。
住んでもないのに払うとなると大きな痛手です。

 

余計なお金を払うことがないよう「退去届」だけはきっちりと忘れず出しました。

 

着工後は静かに準備を進める

着工してしまえば、もうこちらができることはありません。
こちらができることと言えば、

  • 引越しの準備をすすめたり、
  • たまに現場を見に行って差し入れをするくらい

です。

 

あとあるとすれば、7月完成予定と言われたけど、できるだけ早めに出来上がったらいいのにな…と願うくらいです。

単身に強い業者